かなり安産でしたー。

産気づいたのは、おそらく前々日に日系スーパーミツワに母と買い物に行き、
かなりの量で重たいものをもって家に帰ったからだったのかとおもうですが。
しかも、この日のスーパーのシャトルバスが途中で故障して道のど真ん中でまたされるわ、
地下鉄が機械故障で迂回して帰らねばならず、普段40分のところ1時間半も家までかかってしまったり。
臨月妊婦にはちょっとキツイ日でしたのよー。
この夜にお腹ににぶーい痛みが感じられるようになったわけです(笑)

翌日になってもにぶーい痛みだけだったので、陣痛とは確信できなかったのです。
でもま、おしるしがあったので夕方にとりあえず、ドクターに一報入れておこうとTELをしたら、
そのままオフィスに行くことになりました。
オフィスで見てもらったところ、もう入院しちゃいましょう。といわれ、そのまま入院に。。。(笑)

えー。いきなり本番なんだ!?といったところです。。。

でも病院では6時半頃のチェックイン後かなーり、待たされました。
待っている間に陣痛がちゃんと時間通り10分ごとにに来ていることを確認!おおおー。これが本陣痛か!
分娩室についたのが10時くらいかな。
子宮口がまだあんまり開いていないので誘発剤を点滴され、
10時半ころにはかなり激しい陣痛が2-3分ごとに襲ってきましたー!!!

はやくEpidural(無痛の薬)を打ってもらいたかったのに、麻酔医が全然来てくれず、待つこと1時間半。
痛いよー!!ここが一番つらかったーーーー。
Epi打たずに出産する日本のママたちスゴイ、エラ過ぎる!!

ようやくEpi導入口を脊椎に打ってもらってからは痛みの加減は自分で調節。
10分に一回自分でボタンを押してEpiを入れることができましたが、
私は1時間に一回と決め、痛みがわかるように調節しました。(足もジーンと感覚がありませんでした。)
でも最後の1時間半くらいは40分に一回くらい打ってたかなー。

翌朝の4時くらいには子宮口が完全に空いていたので、いよいよ出産の準備。
私の担当医はこのとき仮眠を取っていたようで、代理の先生がみてくれてました。
4時30分くらいから力み開始。(笑)
先生と看護婦さんが私の足を持って、母とMティンが私の上半身を支えてくれてみんなで力ましたよ(笑)
力むこと1時間弱、やっと担当医が来てくれました。遅い。。。眠そうだったし!!
Baby Tの頭が半分出たところで、力むのやめてって言われて、、、中途半場なところで痛かったよー。
この後あんまり覚えてないんだけど、頭がするっと出て、
ゾーイハナちゃんが私の胸のところまでやって来ました~~~!!

この後は、マーティンがへその緒をきったりしてたけど、わが子にようやく会えたのが嬉しくって
ほかの事はぼんやりしかおぼえてません。
母とMティンは感動してうるうるしてたけど、泣くと思っていた自分は意外に冷静でした。

私の主治医はたぶん一番大変な後産の処理をして、「おめでとうございましたー」と
15分くらいで部屋を去っていきました。。。。(苦笑)
ま、本当にあっさりしてる先生でしたわ~。

Zooey Haanちゃん、生まれて2日目の写真。なかなか目があきまちぇーん。大仏みたいだなー。

c0176870_7525866.jpg


こちら、FBにもアップした暗い部屋でやっとこさ目の開いた写真が撮れた。生後4日目、家にて。

c0176870_7543996.jpg


全く手のかからない子になりそうー。全然泣かないし、いつもぐっすり寝てくれてます。
[PR]
by chik-chikadee | 2012-05-09 07:59 | ママ
<< NYU langone med... Arrived! >>